【あたまに効くサプリメント 創刊号】

おはようございます。 日本ランドエンジニアリング株式会社不動産鑑定士の松田です。
このたび、不動産にまつわるあらゆる切り口から みなさまのお役にたてるHotな情報を、
継続すれば じわじわ効いてくる「サプリメント」のようにお届けしたく
メールマガジンを発行することにしました。
どうぞよろしくお願いいたします!

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
■□■
あたまに効くサプリメント(毎月1日、16日発行) 創刊号(第1号)
2015/08/16 発行:日本ランドエンジニアリング株式会社
■□■
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

……………………………………………………………………………………………
■目次
……………………………………………………………………………………………
■1 コラム オンリー イエスタデイ(ほんの少し前のこと)
■2 時事ニュース H27年税制改正:財産債務明細書から財産債務調書への見直し等
■3 弊社セミナー情報

……………………………………………………………………………………………
■1 コラム     オンリー イエスタデイ(ほんの少し前のこと)
……………………………………………………………………………………………

ドラマで「私失敗しないんです」と言う女優も、失敗することがある。
人は、ほんの少し前のことも忘れてしまう。
プレイヤーが代わると自分は失敗しないと考える。 「自分はババを掴まない」と・・

平成2年の下半期をピークとする平成バブル経済の崩壊は、 日本の経済構造、
特に資産価格 (不動産や株価)に、 大きなダメージを与えた。 地方の不動産価格は
下がり続けているにも関わらず、 日銀の異次元の金融緩和とアベノミクスが 大都市部の
不動産市場にハイパーインフレをもたらしつつある。

高度成長後の低成長時代の日本経済では、 金融緩和時期になると、 GDPの上昇率に比べ
資産価格が圧倒的に高騰する。
コントロールされたインフレ政策を目指す日銀でも、不動産市場はコントロールできない。
地方の地価は下落を続け、 大都市部では、ハイパーインフレ(あえて“バブル”とは言わない)になる。

金融緩和以外にも、リニアの開通を控える名古屋では、思惑が渦巻く。

FRBは、金融政策を引き締めに転ずるかもしれない。

日銀はいつ、引き締め政策に転換するのか?
日銀が保有する国債を市中に出すにも数年掛かるかもしれない。

5年後の2020年の東京オリンピックまでは待てないだろう。
2020年には、人口・世帯数が本格的に減少する。

空き家の増加等、不動産市場は、 デフレスパイラル状況になっている可能性が高い。

神様だけがババを引かない。

……………………………………………………………………………………………
■2 時事ニュース H27年税制改正:財産債務明細書から財産債務調書への見直し
……………………………………………………………………………………………

【言葉から現代を考える ~苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)※~】

私たちはこの国から、 簡単にお金を持って逃げ出すことはできないようになっている。
死ななくとも、生きていても、真綿で首を絞めるように国に管理されている。
貧乏人にはいつの世も厳しい。
小金持ちにも厳しい時代が到来する。
大金持ちは??

平成27年は税制改正が多くあり、マイナンバー制度も稼働します。

  ※租税などをきびしく、容赦なく取り立てることを表す四字熟語。 苛政は虎よりも猛し。
      孔子が、墓の前で家族が虎に食い殺されて泣いている母親に、
  
「なぜこんな危ない土地から逃げないのか」 と尋ねると、
   「ここでは悪い政治(重税など)がないから」と答えた故事。


【H27年税制改正:財産債務明細書から財産債務調書への見直し】

H26年分まで、所得税の確定申告書を提出しなければならない人で
その年の各種所得額の合計が2000万円を超える人は 「財産債務明細書」の提出が必要でした。
平成27年の改正の内容は以下の3つです。

1)その年の各種所得額の合計が2000万円を超える人
2)その年の12月31日現在で、資産総額が3億円以上
3)その年の12月31日現在で、保有有価証券等を1億円以上所有する人

平成28年1月1日以降、1)と2)または、1)と3)に該当する人は 「財産債務調書」を
提出するよう変更されました。 (平成27年分の確定申告から該当)
※「財産債務明細書」には、 国税当局が税務調査をする権限である質問検査権が 及ばなかったのですが、
「財産債務調書」には質問検査権が及ぶようになっています。
ちなみに、平成25年分では、提出が必要であった人が約36万人で、 実際に提出した人は約16万人、
44%に留まっています。

★見直しの3つのポイント
(1)提出基準の見直し
    
 1)のみの要件から、1)と2)又は1)と3)の2つの要件を備えるものに 変更されました。
       例えば5億円の資産があっても、所得が2000万円以下であれば、提出不要です。

(2)記載事項の見直し
     「財産の種類、数量及び価額」「財産の所在」「有価証券等の銘柄等」の 記載が 必要になります。
      未上場株式、不動産等は毎年算定が必要で、 時価を算定する場合には専門的知識と 手間が
   掛かるようになります。
      原則として「時価」を記載することになりますが、「見積価額」とすることもできます。

(3)過小申告加算税等の特例
     「財産債務調書」に記載漏れになっている資産について、 所得税や相続税の申告漏れ が生じた場合は、
       過少申告加算税又は無申告加算税が加重されます。 ※保有する国外財産を申告するための「国外財産調書」
       では、不提出・虚偽記載に対する 罰則(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金) が設けられましたが、 
     「財産債務調書」について、 まだ罰則規定は設けられていません。

 
詳しくは、お知り合いの税理士等にご確認ください。
不動産鑑定士は、不動産の評価についてご相談を承ります。

……………………………………………………………………………………………
■3 弊社セミナー情報
……………………………………………………………………………………………

★不動産経営戦略セミナー テーマ「立地条件、維持・管理コストを考える」
     
 日時:2015年9月16日(水)18:15~20:30
       場所:ウィンクあいち1007号室(名駅)

★情報交換会 テーマ「税制改正の影響(2)」
       日時:2015年9月8日(火)10:00~12:00
       場所:りそな名古屋ビル地下1階第一会議室(伏見、弊社事務所所在ビル)

上記セミナーに参加を希望される方は、 このメールマガジン下部にあります連絡先にご連絡頂くか、
ホームページの問い合わせフォームよりお申込みください(担当:伊藤)
http://bit.ly/1hsOni8

———————————————————————
●モットー(座右の銘)● 大局観を失わず、地道に努力する

このメールマガジンは、弊社スタッフが名刺交換させて頂いた皆様、弊社セミナー等に 参加された方々にお送りしております。
ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。
nihon-land-engineering@n-le.jp  

———————————————————————-
最後までお読みいただきありがとうございます。 あなたの健康と幸せをお祈りしています。

┏━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
┃日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士 松田 静雄
┃…………………………………………………………………………………………
┃〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル7階
┃TEL 052-202-0155 FAX 052-202-0156
┃MAIL nihon-land-engineering@n-le.jp
┃URL http://n-le.jp/
┗━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

Copyright(c) 日本ランドエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.