【あたまに効くサプリメント 第84号】

こんにちは。
日本ランドエンジニアリング株式会社の大橋です。

今回のコラムは、
先回からのシリーズ「南青山の児童相談所騒動について」
その2をお送りします。
キーワードはブランドとなっています。

新ビジネスを探るでは、
プロゲーマー家庭教師ビジネスについて
少し調べてみました。
教えるという仕事が増えるのは純粋に良いことかなと感じます。

今回もどうぞお楽しみください。

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
■□■

 あたまに効くサプリメント(毎月1日、16日発行) 第84号
 
 2019/2/1 発行:日本ランドエンジニアリング株式会社
                               ■□■
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

……………………………………………………………………………………………
■目次
……………………………………………………………………………………………

■1 コラム

■2 弊社セミナー情報

■3 新ビジネスを探る

……………………………………………………………………………………………
■1 コラム
……………………………………………………………………………………………

東京都港区南青山の児童相談所騒動 その2

「ブランド」
 1月31日時点では、東京拘置所に収監されている横浜市に本社のある自動車
会社会長について、実しやかな噂が流れている。ある不動産業者が同会長の住居を
探して欲しいと言われ、横浜の高級住宅地の月額家賃100万円の賃貸住宅の物件を
提示したそうである。

 不動産業者は、「月額家賃500万円以上の物件でないとダメだ。」と即座に
断られた。希望の物件は、都内の六本木か南青山の住宅になる。
物件を探していた時期は、自動車会社が座間工場をたたむ時期と重なっていたと
のことであった。(強者が、弱みを見せると、こんな噂が飛び交うようになる。)

 江戸時代から青山周辺には大名の江戸屋敷があった。明治維新以降「道路が整備
され、鉄道ができ、公園ができる。」といった形で公的セクターによる社会資本が
整備され、利便性が増した。これらの社会資本の整備に合わせ民間の投資が続き、
居住をしたり、働いたりする人が集積するようになる。

 社会資本や民間資本が集積し、土地価格は上昇する。
(前回のキャピタリゼーション仮説を参考に。)地価が高い地域で、住宅投資が続くと、
その結果お金持ちが集まるお屋敷街になる。現代は、億ションが林立する場合もある。

 六本木や南青山は、そのような人たちが集まってくる。六本木や南青山は、
街そのものが《ブランド》(資産性や収益性が高い超一等地)ということになる。

 さて南青山をブランドにしたのは誰であろうか。南青山は、元々立地に恵まれていた。
公共による社会資本投資が行われ、更には民間投資の集積により、地域はブランド化する。

 公共による社会資本投資の原資は税金である。社会資本投資により環境条件を
整えていく過程では、地域住民も一部は負担したであろうが、過半の投資原資は
国民の負担によるものである。概して地域住民は、メリットを享受している側の
人間に該当するものである。

 地価(土地価格)は、その土地が持つ資産性や収益性といった経済的価値を
数量化したものである。地価が、「上がる」とは資産性や収益性が上昇する
ということであり、「下がる」とは、資産性や収益性が下落するということである。

 南青山の地価が下がるケースとしては、金融引き締め、景気の後退、人口の
減少等の社会・経済現象が考えられるが、反社会的勢力の組事務所や火葬場等の
嫌悪施設が隣地にできた場合も考えられる。

 地域住民も自らが地価を形成したとの認識はないと思うが、資産(資産価値)を
所有している認識はあるであろう。児童相談所を整備することで、地価が下落する
ことになるのか、児童相談所は、嫌悪施設なのであろうか?
拙職は、地価が下落しないと予測するが、地価が上昇する可能性がある施設ではないとは考える。

 安部首相が人気を維持している一つの要因として、日経平均株価が、20700円を
超える価格を維持していることがある。反対住民の行動は、資産価値を維持したい、
ブランドの街に住んでいることを誇りたいという行動から出たものであろう。

なお今回のキーワードは「ブランド(超一等地)」としました。
次回のキーワードは「児童相談所」、次々回は「地価が下がる」を予定しています。

……………………………………………………………………………………………
■2 弊社セミナー情報
……………………………………………………………………………………………

【不動産「考える力アップ!!」セミナー】

不動産の知識を広げ、理解を深め、自分で考える力を身につけることを
目的にしたセミナーです。

★セミナー日程
次回セミナー日程は未定です。
詳細決まり次第またお知らせ致します。

今後のセミナー情報はこちらからご確認ください。
http://n-le.jp/seminar-info/

……………………………………………………………………………………………
■3 新ビジネスを探る
……………………………………………………………………………………………

プロゲーマー家庭教師ビジネス

スタッフ大橋です。
今回は、プロゲーマー家庭教師ビジネスについて書いてみます。

現状、国内で「プロゲーマーがコーチとなり、指導が受けられるサービス」は
ほとんどありません。

プロ同士は物理的にも距離が近く、お互いのチーム等や個人の関係から
日々切磋琢磨されていると考えられます。
ゲームと考えずに、プロスポーツと考えてもらえればいいかと思います。

競技人口が一定数いる場合、そこでプロになりたい人は数少ないものの、
実際になれるプロは限られます。一方で、ではどうすればプロになれるか、
技術向上だけでなく、メンタルや考え方などをどうすればいいかを学べるかも大事です。

環境的に優遇された人など一部の人のみでなく、希望すればサービスが受けられる。
実質プロを名乗っていても他で仕事をしながら行うケースが普通です。
プロの新たな仕事となりながら、希望する人のスキルも上がるというのが
このビジネスの肝だといえそうです。

アメリカには、「GamerSensei」というスタートアップ企業が運営するサービスがあります。
基本的にプロゲーマーなどゲーム実績があるプレイヤーが先生役となり、
アマチュア等のプレイヤーが教えを受ける形となります。

国内では、「GamerCoach」というサービスが開始されています。
2018年7月開始でプロゲーマーからのコーチングが得られるサービスです。

以前、国内では、「GameLesson」というものが2017年2月開始するも
開始延期になったりしているようです。

プロゲーム市場については、最近では賞金1億円というコンテストも開催されています。
おそらくyoutuberのように、あこがれの仕事として掲げられることも出てきそうですね。

既に課題もあります。現役である選手生命がやはり短く、ゲームのみに特化するのは、
戦略としては厳しい印象です。むしろどういう教え方をするか、ゲームでない他のスキルとの
組み合わせなどで切り開くことが期待されます。

2018年の国内eスポーツ市場は前年比で13倍とまさにeスポーツ元年とやっと言える
年だったといっていいでしょう。

今後に注目です。

参考URL
https://thebridge.jp/2016/06/gamer-sensei-is-an-esports-coaching-startup-with-2-3m-in-seed-funding
https://www.famitsu.com/news/201812/11169046.html

———————————————————————-
●モットー(座右の銘)●
大局観を失わず、地道に努力する

このメールマガジンは、
弊社スタッフが名刺交換させて頂いた皆様、
弊社セミナー等に参加された方々にお送りしております。

ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。
nihon-land-engineering@n-le.jp

このメールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://n-le.jp/backnumber/

———————————————————————-

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの健康と幸せをお祈りしています。

┏━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
┃日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士 松田 静雄
┃…………………………………………………………………………………………
┃〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル7階
┃TEL 052-202-0155 FAX 052-202-0156
┃MAIL nihon-land-engineering@n-le.jp
┃URL http://n-le.jp/
┗━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
Copyright(c) 日本ランドエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.