【あたまに効くサプリメント 第71号】

おはようございます
日本ランドエンジニアリング株式会社の小沢です。

本日のあたまに効くサプリメント
はじめの一粒
6月14日から1カ月にわたり熱戦を繰り広げてきたワールドカップ。
サムライJAPANの戦い方は物議を醸しましたが
皆様はどうご覧になったでしょうか?

もう一粒は
「タクシー運賃がタダになる!?」
そんな夢のような話があるのでしょうか?

今回もお楽しみください。

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
■□■

 あたまに効くサプリメント(毎月1日、16日発行) 第71号
 
 2018/7/16 発行:日本ランドエンジニアリング株式会社
                               ■□■
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

……………………………………………………………………………………………
■目次
……………………………………………………………………………………………

■1 コラム

■2 弊社セミナー情報

■3 新ビジネスを探る

……………………………………………………………………………………………
■1 コラム
……………………………………………………………………………………………
負け方

 プロ野球・野村監督の名言集に、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の
負けなし」というのがある。「なぜ勝てたのか判らない試合がある。負けた試合には、
原因や理由があり、必然的に負けている。」と言うような意味であろう。
もちろんその後は、負ける原因等が生じないように、原因が生じた要因等を
徹底的に考えていくことになる。

 ワールドカップの日本対ポーランド戦で、0対1で負けている日本が後半の
最後の10分、自軍でのボール廻しに終始し、目論見通り0対1で負け、
ベスト16に進出した。コロンビアの勝つ可能性の判断等、日本の調査・分析能力が
高かったことも判る。

 ワールドカップが始まる前、前哨戦で勝てず、日本の評判は、極めて低かった。
元選手の解説者の中には、現在の日本の力が判るような戦い方をして欲しいと
言う人もいた。背景には、6月の段階でFIFAのランキングがコロンビア16位、
セネガル27位、ポーランド8位、日本61位と落ちるばかりで、高校生とプロほど
の差があると考えられ、勝てるとは考えていないようであった。

 日本は、岡田監督の時にベスト16になったことがあったが、FIFAの
ランキングが61位まで落ちた記憶はない。
日本が置かれている位置を見失う時期でもあった。

 初戦日本は、ラッキーもありコロンビア戦に勝利し、次戦、セネガル戦は引き分け、
勝ち点を4とし、グループHのトップにたった。ポーランドは、すでにグループリーグ
敗退が決定した。

 日本対ポーランド、コロンビア対セネガルは、同時に試合開始になり、
日本0対1で劣勢の後半、コロンビアが先制した。コロンビアも勝ち上がるには
勝たなければならない。このままコロンビアが勝てば、0対1で負けてもベスト16に
進出できる。西野監督の判断は、自軍でボール廻しに終始し、0対1で負ける選択をした。
この戦略に対し、多様な意見があった。批判した外国のプレスもあった。

 その後、ベスト16に進出した日本は、ベルギーと死闘を展開し、敗退した。
このベルギー戦で、日本の現状・位置を把握できたものと考えられる。帰国後、
西野監督は、日本のサッカーの将来を展望していた。後進国が先進国となるには、
自国の現在の現状・位置の把握が最低限必要で、強くなるためには、そこからの道程の
設計が必要になる。現在の位置が判らなければ、出発点さえなくなる。

 日本の4戦は、現時点における実力・長所・欠点等の把握を可能にした。「負けに
不思議の負けなし」とともに「負けに価値ある負けあり」を見たワールドカップであった。

……………………………………………………………………………………………
■2 弊社セミナー情報
……………………………………………………………………………………………

【不動産「考える力アップ!!」セミナー】

不動産の知識を広げ、理解を深め、自分で考える力を身につけることを
目的にしたセミナーです。

★セミナー日程

次回は9月開催予定です。

上記セミナーに参加を希望される方は、
このメールマガジン下部にあります連絡先にご連絡頂くか、
ホームページの問い合わせフォームよりお申込みください(担当:大橋)
http://n-le.jp/contact/

今後のセミナー情報はこちらからご確認ください。
http://n-le.jp/seminar-info/

……………………………………………………………………………………………
■3 新ビジネスを探る
……………………………………………………………………………………………
タクシーが無料になるノモック

大橋です。
今回は、タクシー運賃が広告によって無料になる「ノモック」について
調べてみました。

公式サイトはこちら
https://nommoc.jp/

簡単に説明すると、
・ノモックは、客が広告を見ることで広告費を得られる
・乗客は無料で乗車できる
というシンプルなものです。

サイトにもありますが、フリーペーパーのタクシー版と考えていいでしょう。

広告主として企業や店舗がお客さんに宣伝するために広告費を出します。
フリーペーパー制作会社はその費用で運営します。
フリーペーパーを手に取るお客さんは文字通り「フリー」(無料)で
読むことが出来ます。

ちなみに本サービスは資金調達が成功し、福岡市内で実験をしてから、
2019年3月にサービスを開始する予定であり、まだ始まっていません。
このアイデアは面白いと思いつつも、実現できるかはよくわかりません。

私が気になった点は

・広告自体をそもそも乗客が見るのか
(アプリで配車しても、アプリを見ることが矯正できるような仕掛けは難しい)

・広告をそのような閉ざされた状態で見る客に広告効果、
例えば認知度アップや来店誘発などが出来るのか。

・最終的に広告費と効果が見合うのか

というところで、広告として成り立つかどうかが気になりました。
ちなみに私がこのアイデアを考えついても厳しいだろうなと思ってやらないでしょう(笑)

本メルマガでも、過去に広告ネタを挙げていますが、

・第54号では、自習ノートという広告ノートの紹介
http://n-le.jp/%E3%80%90%E3%81%82%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%e3%80%80%E7%AC%AC%EF%BC%95%EF%BC%94%E5%8F%B7%E3%80%91/

・第67号では、nor.というメディアサイトの広告収益化の仕組みの紹介
http://n-le.jp/%E3%80%90%E3%81%82%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%e3%80%80%E7%AC%AC%EF%BC%96%EF%BC%97%E5%8F%B7%E3%80%91/

ということで、ターゲットを絞ったり、一定の仕組みを工夫していくことで、
ある程度はいけるかというところです。

例えば大学の生協や食堂などに置かれている自動販売機に広告付き
ディスプレイを置いて無料で提供するなどです。
この0円自販機は実は昔やられていたようですが、現状サイトやサービスが確認できないので、
おそらくうまくいかなかったのでしょう。
https://www.value-press.com/pressrelease/18678

現実的なのはシャトルバスのようにルートが固定化されていて、
それらの車内をラッピングしたり、位置情報や場所に応じてアプリで広告を出したり
というものでしょうか。
ただ、この場合はキャンペーン広告として一時的なものであり、
長期的なビジネスにはなりづらそうです。

今回は以上です。

参考サイト
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/28/news044.html
https://www.mag2.com/p/news/359162
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30200150Y8A500C1000000/

———————————————————————-
●モットー(座右の銘)●
大局観を失わず、地道に努力する

このメールマガジンは、
弊社スタッフが名刺交換させて頂いた皆様、
弊社セミナー等に参加された方々にお送りしております。

ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。
nihon-land-engineering@n-le.jp

このメールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://n-le.jp/backnumber/

———————————————————————-

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの健康と幸せをお祈りしています。

┏━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
┃日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士 松田 静雄
┃…………………………………………………………………………………………
┃〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル7階
┃TEL 052-202-0155 FAX 052-202-0156
┃MAIL nihon-land-engineering@n-le.jp
┃URL http://n-le.jp/
┗━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
Copyright(c) 日本ランドエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.