【あたまに効くサプリメント 第4号】

おはようございます。
日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士の松田です。

今日は「衣替え」の日ですが、
気候の変化で、一斉の衣替えは少なくなっているようです。
そして、今日は「土地の日」でもあります。
「十」と「一」を合わせると「土」の字になることから、
1997年(平成9年)に国土庁(現国土交通省)が制定しました。
私たち不動産鑑定士も、
この時期に各地で「無料相談会」を行っています。
今回もどうぞよろしくお願いいたします!

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
■□■

 あたまに効くサプリメント(毎月1日、16日発行) 第4号
 
 2015/10/1 発行:日本ランドエンジニアリング株式会社
                               ■□■
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

……………………………………………………………………………………………
■目次
……………………………………………………………………………………………

■1 コラム
 異次元の金融緩和

■2 弊社セミナー情報

……………………………………………………………………………………………
■1 コラム
 異次元の金融緩和
……………………………………………………………………………………………

ドルショック(昭和46年)、田中内閣の列島改造(昭和47年)、
オイルショック(昭和48年)以降の安定成長期・低成長期の日本では、
貯蓄が投資を常に上回る経済構造になっている。
その一方で、産業(企業)の資金需要が慢性的に低下している。
金融機関(銀行+信用金庫等)の預貸率が、
長期的に低下を続けていることからも判る。

低成長時代の日本の不動産価格が、GDPの上昇率より高い上昇を示す時は、
“金余り”“過剰流動性”等、金融緩和を示す言葉が並ぶ時期になる。
平成のバブル経済期も、金融緩和の状態にあり、
バブル経済の崩壊は、金融引き締めが「トリガー(引き金)」となった。

私は、「不動産市場=資金調達市場
(不動産価格は資金調達の容易さで決まる。)」と考えている。

バブル経済の崩壊は、「大都市の不動産」と「大都市以外の地域の不動産」で、
不動産の資金調達市場の構造を2分割した。

それぞれの市場の担い手は、
「大都市の不動産」では、間接金融市場と直接金融市場の両方から
資金調達する、Jリート・不動産私募ファンド等、
一方、「大都市以外の地域の不動産」では従来通り、
銀行ローンを中心とする一般個人、企業等である。

平成25年の黒田日銀総裁の“異次元の金融緩和”は、
デフレ脱却、管理されたインフレ政策を目的としたものである。

「大都市の不動産」と「大都市以外の地域の不動産」では、
“異次元の金融緩和”が及ぼす影響も異なる。

「大都市の不動産」は、“異次元の金融緩和”の影響をより強く受け、
資金調達が容易になる。
また、「東京オリンピック」「リニア中央新幹線」「インバウンド買い」等の
攪乱要因もあり、その影響が増幅される可能性がある。

一方、「大都市以外の地域の不動産」は、
個人所得の状況や企業業績の影響を直接的に受けることから、
不動産価格の変動率は、GDP等経済のファンダメンタルズと
大きな開差が生じなくなっている。

私は、東京や大阪・名古屋等大都市部の土地価格の上昇は、
“異次元のハイパーインフレ”と考えている。

不動産鑑定士は、地価の上昇や下落を、
ありのままに社会に伝えていくのが仕事である。
しかし、不動産価格が乱高下する社会が「良い社会」と考えているわけではない。

[参考]日本銀行のJリート等の購入額の推移
http://n-le.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/7e1c387c8b7b5fd6b94737f7d1b24831.pdf

……………………………………………………………………………………………
■2 弊社セミナー情報
……………………………………………………………………………………………

★不動産経営戦略セミナー

賃貸アパート・マンションのオーナー様必見!
土地活用は本当に相続対策として有効なのか?
不動産の専門家として、誰も語らない土地活用の盲点についてお話しております。
判断の決め手となる情報やデータが満載です。

★不動産経営戦略セミナー日程

テーマ「相続問題を考える」
日時:2015年10月14日(水)18:15~20:30
場所:ウィンクあいち1007号室(名駅)

その節税対策は安全・安心なのか?
税法の改正点の復習、現在の不動産市場を検証しながら、
『あなたの思い』と『家族全員の人生設計』とを結びつける相続を
考えていきます。

★情報交換会

毎回、今の名古屋の不動産市場で起きている事をテーマに、
セミナー形式を基本として、2か月に一回
講師と参加者双方向の交流・情報交換の場としています。
参加者のみなさまからは「勉強になった」「話の切り口が変わっている」等、
ご好評いただいています。
あなたもぜひご参加ください!

★情報交換会日程

テーマ「アベノミクス後の不動産市場」
日時:2015年11月10日(火)10:00~12:00
場所:りそな名古屋ビル地下1階第一会議室(伏見、弊社事務所所在ビル)

上記セミナーに参加を希望される方は、
このメールマガジン下部にあります連絡先にご連絡頂くか、
ホームページの問い合わせフォームよりお申込みください(担当:伊藤)
http://bit.ly/1hsOni8

———————————————————————-
●モットー(座右の銘)●
大局観を失わず、地道に努力する

このメールマガジンは、弊社スタッフが名刺交換させて頂いた皆様、弊社セミナー等に
参加された方々にお送りしております。

ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。
nihon-land-engineering@n-le.jp

このメールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://n-le.jp/backnumber/
———————————————————————-

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの健康と幸せをお祈りしています。

┏━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
┃日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士 松田 静雄
┃…………………………………………………………………………………………
┃〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル7階
┃TEL 052-202-0155 FAX 052-202-0156
┃MAIL nihon-land-engineering@n-le.jp
┃URL http://n-le.jp/
┗━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
Copyright(c) 日本ランドエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.