【あたまに効くサプリメント 第24号】

おはようございます。
日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士の松田です。

いよいよこの5日からオリンピックが開催されます。
「なんでまたこんな暑いときに暑いところで…」ではないんですね。
ついこの間まで、リオデジャネイロが日本の裏側だということをすっかり忘れていました。
昼夜逆転の時差のため、熱心に観戦すると睡眠不足になることも覚悟しないと…。

今回もどうぞよろしくお願いいたします!

━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
■□■

 あたまに効くサプリメント(毎月1日、16日発行) 第24号
 
 2016/8/1 発行:日本ランドエンジニアリング株式会社
                               ■□■
━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━

……………………………………………………………………………………………
■目次
……………………………………………………………………………………………

■1 コラム

■2 弊社セミナー情報

■3 新ビジネスを探る

……………………………………………………………………………………………
■1 コラム
……………………………………………………………………………………………

支持政党なし

 アメリカの大統領選挙は長い。7月25日の時点では、ヒラリー氏とトランプ氏が、
民主党と共和党の大統領の統一候補に指名されただけで、選挙戦は11月の大統領選挙まで続く。

 共和党では、トランプ氏が大統領選の統一候補に指名されたが、
ブッシュ元大統領等の共和党の重鎮たちは、トランプ氏が大統領の統一候補に指名されたことに
賛成ではない。

 トランプ氏は、これまでの大統領選の過程で、共和党の重鎮たちの支持を得ていたわけではないが、
統一候補にまで駆け上がった。共和党は、ほとんど崩壊しているのではないかとの危惧を感じる。
16年前ニューヨークのトランプタワーの前を通ったがケバケバしいビルで、不動産不況時には、
厳しい状況に追い込まれたが、やり直しがきくアメリカ社会を象徴して、蘇ったようである。

 トランプ氏は、自身の経歴の様な劇場的な選挙を展開したからといっても、
民意がトランプ氏を選択し、共和党を選択しなかったともいえる。

 日本では参議院銀選挙が行われ、自民・公明の現政権側が勝利した。しかし投票率は下がっている。

 アメリカもイギリスも日本も既存政党が崩壊しつつあるようにみえる。

 民進党は政権離脱後、長期的な低迷状況にあり、国民のニーズをつかみ切れていない。
中長期的には自民党も積極的な支持が少なくなり、消極的支持に留まるであろう。
安部政権の農業政策やTPPにより、零細な農家は、10年以内にほとんど消滅する。
私の住む池田町では、約600軒の兼業農家が存在するが、適正規模の農業を行うには、
専業農家2軒(社)しか存在できない。
自民党の中心的支持層を形成する農家は壊滅し、支持年齢層もほとんどいなくなる。

 支持政党なしが意味するものは、政府や公共が機能していないと感じている国民が
多くなっていることによる。東日本大震災で、政治が機能していると実感している人は
どの程度いるのだろうか、企業・民間・その他団体・ボランティア組織等の働きのより、
何とか復興しつつあるのが現状の様にみえる。

 無党派層が増え、支持政党なしが増える。

 東京都知事選は、自民・公明が支持する増田氏、民進党等の野党連合が支持する鳥越氏、
自民党から支持されなかった小池氏と三つ巴の形成となっている。

 岐阜県に生まれ生活し、愛知県で働く者にとって、独り勝ちの東京の選挙民が、
どの様な判断を下すのか他人ごとながら面白い選挙になっている。

……………………………………………………………………………………………
■2 弊社セミナー情報
……………………………………………………………………………………………

【情報交換会】

毎回、今の名古屋の不動産市場で起きている事をテーマに、
セミナー形式を基本として、2か月に一回
講師と参加者双方向の交流・情報交換の場としています。
参加者のみなさまからは「勉強になった」「話の切り口が変わっている」等、
ご好評いただいています。あなたもぜひご参加ください!

★情報交換会日程

テーマ「相続税評価額と市場価格」
日時:2016年9月13日(火)10:00~12:00
場所:りそな名古屋ビル地下1階第一会議室(伏見、弊社事務所所在ビル)

【不動産経営戦略セミナー】

賃貸アパート・マンションのオーナー様必見!
土地活用は本当に相続対策として有効なのか?
不動産の専門家として、誰も語らない土地活用の盲点についてお話しております。
判断の決め手となる情報やデータが満載です。

★不動産経営戦略セミナー日程

テーマ 「生産緑地を考える」
日時 2016年9月14日(水)18:15~20:15
会場 ウィンクあいち10階会議室 1007

生産緑地とは、市街化区域内の一定の要件・基準を満たした農地(公園など)で行政から指定を受けたものです。
税制上の優遇措置を受けられる反面、営農を継続し続ける義務が生じます。
1991年に生産緑地法が改正され、指定解除には30年の期間が必要となりましたが、
最初の指定から30年超過した2022年以降には、多くの問題を抱えることになり、
不動産市場にも重大な影響を及ぼすであろうと予想されます。

上記セミナーに参加を希望される方は、
このメールマガジン下部にあります連絡先にご連絡頂くか、
ホームページの問い合わせフォームよりお申込みください(担当:伊藤)
http://n-le.jp/contact/

今後のセミナー情報はこちらからご確認ください。
http://n-le.jp/seminar-info/

……………………………………………………………………………………………
■3 新ビジネスを探る
……………………………………………………………………………………………
「オンリーワンで生き残る」

スタッフOです。

経済産業省中部経済産業局が行っている中部の中小企業で、
きらりと光る企業紹介というコーナーがあります。
その企業紹介が100社に達したということで記念座談会が開催されたので
行ってみました。

来られていた5社の中で、大島商事というオーダーメイド靴の測定システムを
構築している会社が面白かったのでご紹介します。

参考:中部発きらり企業紹介 Vol.93 株式会社大島商事
http://www.chubu.meti.go.jp/koho/kigyo/93-kirari/index.html

記事にも書かれていますが
「オーダーメイド靴を1.5万円程度で気軽に作れる文化を作る」ということで、
「足サイズ測定シート」で誰でも手軽に足のサイズが測れます。
このシートは、A4サイズより大きめの紙で、工作感覚で誰でも組み立てられます。
その組み立てたシートに足を乗せると、「ボールジョイント」という目印となる
足の骨が見つかります。

このボールジョイントを見つけるのがいわば職人技術だったわけですが、
測定シートにより誰でも見つかるというのが画期的です。
足は立体ですが石膏や立体測定器のようなものはあるわけですが、
それらは手間もかかりますし、コストもかかります。
また取ってすぐ使えるのでなく専門の技術者や測定者が必須で、道具+人が必要です。

しかし、この測定シートであれば、職人でなく、パートさんでも
簡単に測定できるというわけです。

オンリーワンの技術を用いて勝ち抜くというのが非常に参考になります。
当然この特許技術があるから安泰ではなく、さらに外反母趾で悩む方向けに
痛くないしおしゃれという価値を提案するということもされているようです。

upMOSTという靴オーダーメイドの採寸システムの名前を見たりすることがあっても、
大島商事という会社を知る機会はなかなかないですね。
もちろん私も初めて知りました。愛知県一宮市と名古屋のそばですが、
近くても知らない会社は多いです。非常に勉強になりました。

この知見を活かすのであれば、
・直接販売製造するのでなく特許またはシステムを大手や連携企業に売る(システム販売)
・現状の業界課題を解決できるアイデアを考え抜いて形にする(販売における在庫の多さ)
などがヒントになりそうです。

他の4社も面白かったのでまた紹介していきたいと思います。

以下は補足です。
靴業界では大手ですが、ABCマートが独り勝ちのようです。
昔は確かに靴流通センターがたくさんあった気がしますが最近たまにしか見ないですね。
http://gyokai-search.com/3-kutu.html

データが少し古いですが、靴事業所は減っており、たまに靴職人を目指す若い人が
メディアで取材されるのを見ますがレアケースでしょう。
http://j-net21.smrj.go.jp/establish/guide/retail/kouri27.html

———————————————————————-
●モットー(座右の銘)●
大局観を失わず、地道に努力する

このメールマガジンは、
弊社スタッフが名刺交換させて頂いた皆様、
弊社セミナー等に参加された方々にお送りしております。

ご意見・ご要望がございましたら、ぜひお聞かせください。
nihon-land-engineering@n-le.jp

このメールマガジンのバックナンバーはこちらからご覧下さい。
http://n-le.jp/backnumber/
———————————————————————-

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの健康と幸せをお祈りしています。

┏━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
┃日本ランドエンジニアリング株式会社 不動産鑑定士 松田 静雄
┃…………………………………………………………………………………………
┃〒460-0003 名古屋市中区錦2丁目15番22号 りそな名古屋ビル7階
┃TEL 052-202-0155 FAX 052-202-0156
┃MAIL nihon-land-engineering@n-le.jp
┃URL http://n-le.jp/
┗━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━
Copyright(c) 日本ランドエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.